編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

共和薬品工業、基幹業務システムを9カ月で「SAP S/4HANA」に刷新

NO BUDGET

2021-05-13 09:59

 醫療用醫薬品などを製造/販売する共和薬品工業は、基幹業務システムをSAPのERP「SAP ECC6.0」から「SAP S/4HANA」に刷新した。新システムは2020年11月に稼動している。

 稼動後は、データ処理能力や応答速度といったパフォーマンスが3?5倍に高まったことで、従來の數十倍のスピードで帳票を作成できるなど、受注/出荷/請求業務の処理時間がこれまでの半分となった。また、クラウド環境で運用することで、システム運用管理工數の削減やシステムの柔軟な変更/拡張も可能となった。

 今回の刷新プロジェクは日立ソリューションズがサポートした。要件定義で課題の優先順位を明確にして、カスタマイズ開発する機能や移行データを最小限に抑えることで、9カ月という短期間で構築した。また、同社のAMO(Application Management Outsourcing)サービスを利用することで、システム管理者の運用の負荷を軽減している。

 クラウド環境にSAP S/4HANAを基盤として基幹業務システムを構築することで、大量データの高速処理や分析が可能となり、現在の2倍の受注量になってもシステムの増強が不要となった。またシステムへの負荷を意識せずに新たなビジネスにチャレンジすることができるようになったという。さらにAmazon Web Services(AWS)をインフラ基盤とすることにより、99.99%の可用性を実現するとともにDR(災害復舊)環境も構築し、大規模災害時に備えたシステム構成となった。

 共和薬品工業は、2007年からインドの後発醫薬品メーカーであるLupinグループの1社として事業を展開してきた。しかし2019年12月に再び獨立企業になることが決まり、TSA(Transition Service Agreement:M&A対象事業?企業の移行期間中におけるサービス提供に関する契約)の期限である2020年12月までに新システムに移行する必要が発生していた。

 共和薬品工業は、日立ソリューションズについて、SAPソリューションに関する130件を超える豊富な導入実績や醫薬品業界の豊富な業務知識、稼働前のリハーサルなど慎重かつ実現性の高い計畫の提案力を評価した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ?コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用狀況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得?利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]
日本妇人成熟A片高潮-日本在线无码亚洲AV