編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

SMBCグループ、會計システムの統合にクラウドERPを採用

NO BUDGET

2021-05-13 09:46

 三井住友フィナンシャルグループ(SMBCグループ)は、會計業務の共通化にオラクルのERP(統合基幹業務システム)ソリューション「Oracle Fusion Cloud Enterprise Resource Planning(ERP)」を採用した。

 2023年4月からSMBCグループ各社へ段階的に導入される予定。導入プロジェクトは、日本オラクルのコンサルティングサービス部門が支援する。

 同グループでは、従來、各社が異なる経理業務プロセスで獨自のシステムを運用して業務を遂行していた。しかし昨今、全グループ會社における業務プロセスを標準化し、ビジネスとともに進化を続ける単一の會計基盤を必要としていた。

 複數のERP製品を検討した結果、「Oracle Fusion Cloud Procurement」と「Oracle Fusion Cloud Enterprise Performance Management(EPM)」を含むFusion Cloud ERPを選択した。これらのアプリケーション製品は「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」上で稼動する。

 Fusion Cloud EPMを活用することで、グループ全體の予実/採算管理が行えるようになり、グループ全體での経営戦略立案と最適な意思決定を支援できる。これらの「Oracle Fusion Applications」により、90日ごとに常にアップデートされる機能を活用でき、継続的に最新のイノベーションのメリットを享受できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ?コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用狀況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得?利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]
日本妇人成熟A片高潮-日本在线无码亚洲AV