編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら
調査

國內テレワーク市場は2022年まで縮小--IDC予測

ZDNet Japan Staff

2021-05-11 15:23

 IDC Japanは5月11日、國內テレワーク市場の2025年までの予測を発表した。コロナ禍で2020年は急拡大した一方、2022年までは縮小するとしている。

 同社の推計では、コロナ禍によりテレワーク導入企業數が2019年の62萬社から2020年は161萬社に拡大し、テレワーク実施率も16.3%から42.6%に上昇、テレワーカー人口は約100萬人から997萬人に急拡大したという。

 だが企業の一部は、コロナ禍への対応を理解し始めたり経済活動を進めたりすることからテレワークを廃止?縮小するという。テレワークの廃止は、従業員規模1000人未満の中堅中小企業で10.5%、大企業では7.7%に上る。縮小するのは中堅中小企業で41.1%、大企業で42.9%だった。IDC Japanは、ワクチン接種で新型コロナウイルス感染癥の収束が見込まれる2022年時點でテレワーク導入企業とその利用者がいったん減少するとしている。

 企業にとってテレワークは経費節減効果があるものの、社員間のコミュニケーションの支障や社員のメンタルヘルスなどの課題をもたらしたとする。2023年以降は徐々にテレワーク実施企業が増加すると同社では見ているが、2020~2025年の年間平均成長率はマイナス0.9%とした。

國內テレワーク市場 テレワーク導入企業數予測、2019~2025年(出典:IDC Japan)
國內テレワーク市場 テレワーク導入企業數予測、2019~2025年(出典:IDC Japan)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ?コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用狀況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得?利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]
日本妇人成熟A片高潮-日本在线无码亚洲AV